文:佐藤行衛

1990年代、私が初めて「プデチゲ」を食べたとき、「鍋にインスタントメンが入っている!」と驚きの声を上げたのだが、もうひとつ驚いたことがあった。それは、鍋の中にスパムが入っていたことだ。

日本人の感として、鍋料理にスパムが入っているというのは、なんともミスマッチ。ところが以外や以外、辛い鍋とスパムとの相性は群で、「ええっ、スパムってこんなに美味しいの」、私は再び声を上げたのだった。

スパムとは商品名であり、アメリカのホメル食品(Hormel Foods Corporation)1937年に生産を始めた肉の缶詰である。本は「ランチョン(luncheon meat)」という食べ物だ。ソジの材料を金型に詰めたもので、食のメニュに用いられたことから「ランチの肉」の意味でランチョントと呼ばれるようになった(lunch」は「luncheon」の省略形である)

豚肉を基本に、ラ(豚脂)、塩、その他香辛料や調味料を一に裁機にかけ、長方形の缶に詰め、密封して加熱殺菌する。普通の肉類の缶詰では、加熱料理加工した肉を缶詰にするが、スパムの場合、生の態で肉を充てんし、加熱殺菌と同時に調理するという特徴がある。

スパムの嗜好にしては、や地域によってかなり違う。アメリカ本土や英では、まさに「不味い食べ物の代表」といったイメジだ。英の有名なコメディ番組『モンティパイソン(Monty Python)』にこういうのがあった。

ある大衆食堂のメニュが、「卵とスパム」「卵とベコンとスパム」「卵とベコンとソジとスパム」「スパムとベコンとソジとスパム」と、すべてスパムばっかり。それでスパム嫌いの御婦人が癇癪を起こすと、店にいた人たちがみな「♪スパム、スパム、スパム、スパム…」と大合唱を始め、食堂はわけのわからない態になるというナンセンスギャグ。この話が、インタネットでの迷惑メルを表す言葉「スパムメール」の語源になったという。

だが一方、ハワイとグァムは、スパムの消費量がもっとも多い地域として知られている。ハワイには、「スパムむすび」という、大きな寿司のような、ご飯の上にスライスしたスパムをのせ、海苔でいた食べ物がある。もはや完全にハワイの土料理として定着していて、大人気のある一品だ。

でも非常によく消費される食材で、沖土料理にも使用されている。ハワイといい沖といい、ミックスカルチャーがその土地に根付いた、いい例であろう。

そして韓国
である。スパムの消費量世界第二位。デパトの贈答品り場には必ず、スパムの缶詰の箱入りがっている。値段もそれなりだ。韓では、スパムは高級食材のひとつなのだ。さらには鍋に入れるという食べ方の明。本家アメリカ人も知らなかったであろう、スパムの美味しさを引き出した韓は、まさにスパム天国だ。

韓国でスパムにまれて過ごしているとき、はたと気づいた。「んっ、日本にも似たような肉の缶詰があったよなぁ」

しばらくして思い出した。「コンビ(corned beef)」である。そういえば韓国では見たことがない。

コンビフとは、塩漬けにした牛肉の塊を蒸してほぐし、食用油脂、香辛料、調味料などを混ぜて再び固めた缶詰である。肉が細かい維状になっていて、そのひとつひとつが油脂で固まっている。箸でつまむとボソッと崩れる。スパムより脂肪分が少なく、塩分もスパムの約半分である。

コンビフはスパムより史が古く、アメリカの南北戦争(1861年~1865)の頃に生まれ、さらに第一次世界大(1914年~1918)で軍の携用食料として常備されるようになり、各で重宝されてきた。

コンビフ、子供の頃好きだったなぁ。遠足や山登りのときによく持っていった。これが一缶あれば、あとは白いご飯だけでOK。なにしろ牛肉だから。私が子供の頃は、牛肉なんて高くて食卓に上がることなんかなかった。だが、缶詰なら手に食べることができた(それでも他の缶詰より高だったが)。それゆえ、牛肉ってずっとこういう味だと思っていた子供時分である。

1970年代に若者達の間で爆的な人のあったTVドラマ『傷だらけの天使』の回のオプニングで、主人公が缶を開けたままコンビフをまるかじりするシンがあった。これが、美味そう~って、みんな真似したものだった。

どうして、韓にはないんだろう…コンビフ…。

저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포 금지