写真説明▲(左)キム・ソンヨン Emart everyday 代表と梁承晁 忠清南道知事(右)が15日、道庁会議室で忠清南道 農産物の流通経路改善及び販売活性化のための相生協力業務協約」を締結した。
写真説明▲(左)キム・ソンヨン Emart everyday 代表と梁承晁 忠清南道知事(右)が15日、道庁会議室で忠清南道 農産物の流通経路改善及び販売活性化のための相生協力業務協約」を締結した。

梁承晁 忠南道知事とEmart everydayのキム·ソンヨン代表取締役は15日、道庁会議室で「忠南道 農産物の流通路改善及び販活性化のための相生協力業務協約」を締結した。 梁承晁 知事は「Emart everydayは韓の代表的な企業型スで全240店を保有、消費者がいつどこでも簡に訪れることのできる流通ネットワクを備えた」とし、「コロナの散で、地域農家が苦している。今回の協約を通じて安全で品質の高い忠南道の農産物を全の消費者に多く知らせる契機になることを期待する」と話した。

 

下記は、梁承晁 道知事のフェイスブックの全文だ。
 

「農業をしても売るところがない。」

農家の人たちの最大の悩みは多分、販路確保ではないかと思います。

販路の悩みは払拭し、農民が健康な食品の生産に集中できるよう、忠清南道がさらに一歩踏み出しました。

 

本日、国内最大手の流通チェーンであるEmart everydayと地域農産物の流通活性化と販売促進のための業務協約を締結いたしました。

 

全国約240ヵ所のチェーン店を確保しているEmart everydayは、2017年に忠清南道と初めて縁を結びました。

忠清南道農産物ブランドの「忠清南道 五感」が入店し、道内60農家の写真を貼り付けた商品で、2020年度までに120億ウォンの売上高を達成しました。

 

今回の協約をきっかけに、店内での入店品目が大幅に増え、関連オン·オフラインの特別販売イベントも行われる予定です。忠清南道の良きパートナーとなってくださったEmart everydayのキム·ソンヨン代表に感謝の気持ちを伝えたいです。

 

農家の販路の悩みが消えるその日まで!! 忠清南道は努力します!

 

 

저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포 금지