韓国より外でよく知られているGuGu Kimは、彼の澄んだ魂を溶かす作品を通じて賛辞を受けている。GuGu Kimはフィンガスタンピング技法の大家で、すでに彼の特な技法は美術界から大きな心を集めている。フィンガスタンピングは筆の代わりに指で顔料をつけキャンバスにイメジを作り出す過程をるのだが、下なしに進行するため、一度ミスをすると日作業したことを台無しにすることもある。その分、高度な集中力を要求する技法で作品を作る光景を察すれば、嘆声を誘う。

GuGu Kimの作品は、韓統的なイメジを特の視野で表現し、アメリカ、日本、中、ヨロッパなどで韓美術の創性をく知らせる役割を果たしている。筆のような統的な美術道具を使わず、心の深いところで響き渡る音を表現し、作品を鑑賞する人の心に響いている。

さらに驚くべきことは彼が独学を描き、彼の考えを整理して絵画展示およびファッションショも進行するということだ。2021626()釜山海雲台LCTタワ前海水浴場の砂浜で、GuGu Kims 主管で絵画展示及びキャラクタファッションショOne for heart! One for love!」は誰も想像できなかった巨大な芸術祭りだった。もし夕立が降っていたら、彼のは濡れて役に立たなくなったかもしれない。しかし、彼は決を下し、海雲台のペク社長は彼のを展示するギャラリになり、に沿って移動するモデルのファッションショは誰も似できないGuGuismの極致を見せるのに十分だった。

世界で初めて砂浜で開催された絵画展示及びキャラクタファッションショは「GuGu Kim同心展」と「GuGugirlsキャラクタファッションショパフォマンス」が同時に展示された。子どもたちが描いたような1000(3m×5m)の超大型20点余りが砂浜の床に設置され、子どもから大人まで日常生活で簡に着られるArtGoodsGuGugirlsGuGukizキャラクタグッズ150点余りが秩序整然と調和して展示され、GuGu kimの優れた創意力を加減なく揮する契機となった。

GuGu Kimは、GuGu KimグッズであるGuGugirlsのイメジで個性的な彼だけの世界を表現してきたが、Tシャツ、パ、帽子、カバン、スツケス、クッションなど多なキャラクタ商品を販する場が、日本の東京代官山に2022 55日を期してオプンした。韓にはカカオとラインが彼らだけのキャラクタを展示する空間を維持してきている。ところが、GuGu KimのグッズであるGuGugirlsの作品だけで東京にオプンしたということは、その象性を高く評するに値する。

 

り場を訪れた田中氏(39、仮名)は「親近感をえるGuGugirlsは彼女が好きなイメジで、彼女の誕生日を迎えてプレゼントするために一に訪問した」と明るく微笑んだ。日韓係が解けない糸のようにもつれたこの時点で、韓人芸術家の作品を愛する日本人ファン達の行列を見ながら、日韓係が文化で解決することを期待する。

 

(ヤン·ソンギル記者/GuGu Kimニュス)
 

COLIE SCALAR ホームぺージ : http://www.colie.co.kr/
COLIE SCALAR インスタグラム : https://www.instagram.com/coliescalar_japan/
COLIE SCALAR FACE BOOK : http://asq.kr/?i=zg5BOclt

저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포 금지