2022 新春交流&名詞特別講義「社奉仕大賞」(法人アジア経済文化振興院理事長 姜星財)で奉仕大賞を受賞したタレント パク·ジョンジンは演技をしながら普段透徹した奉仕精神で難しく疎外された隣人に多くの心と愛情を示してきた。それだけでなくKBS週末ドラマ「紳士とおさん」に別マンとして出演する時も「社奉仕大賞」を受賞した。特に、プロに劣らないサックス演奏の力を兼ね備えたパク·ジョンジンは、な社会団体と機に才能寄付をしてきた演技者だ。

 

- 「ボランティアは私の人生の原動力」とえるタレント パク·ジョンジン インタビュ

 

どのようにして歌手と俳優の夢を叶えるようになりましたか。

20代の時ドレススツモデルとしてデビュしました。一生懸命モデルとしてき偶然映撮影場に行くことになりました。 その時ふと演技者になりたいと思い汝矣島の有名な演技院に入して勉しながら夢を育てました。

 

一番幸せな時はいつで、今の人生はどうですか?

初めてKBSドラマ「するダルスン 幸せの靴音」でデビュした時、一番嬉しかったです。そして2番目のKBSドラマ「チャダレ夫人の愛」で演技する時とても良かったです。ドラマでサックス演奏もして後輩と仲良く暮らす容です。最近はチャン·ミファさんと一に美しい手でボランティア活動をしています。瑞草居老人たちと一に暮らしています。 そして麻浦では長官と老人亭に弁を配達するなど奉仕活動をたくさん行っているので人生にやりがいがあります。
 

サックス奏者としての人生は?
今は演技する時、舞台でサックス演奏する時が一番嬉しくて力が出ます。KBSドラマ「紳士とおさん」がとても愛され行事招請がたくさん入ってきてとても嬉しいです。もちろんボランティアする時も幸せです。相手が幸せであってこそ私も幸せだと思います。歌手のキム·ヘヨン ディナショで演奏し、その他 300回ほどイベントを行いました。これからもボランティアもたくさんして素敵に生きたいです。

 

これからの夢とビジョンは?

私は好きな言葉があります。「呼吸するたびに幸せになってください」朝、目をますと息をして自分を見るとどれだけ幸せですか? アジア文化経済振興院で分かち合い奉仕大賞も受賞し、K-芸能スタ分かち合い奉仕大賞も受賞しました。これからも演技者として、サックス奏者としてボランティア活動もたくさん行いながらもっと素敵に一生懸命生きていきます。私より人を配慮しながら生きていきます。 KBSタレントのパク·ジョンジンという名前に責任を負って。

 

相次ぐ「社奉仕大賞」を受賞したタレント パク·ジョンジンは喜びと同時に重大な責任感を感じるとし、疲れて難しい時期だが、少しだけ私の周りを配慮する心を持てば明るくて美しい韓が目の前にがると謙の笑みを浮かべインタビュを終えた。

 

 

パク·ジョンジン : タレント/サックス奏者

生年月日 : 61年 06月 22日

血液型 : O型

趣味 : ゴルフ、映鑑賞

ゴルフシングル、モデルデビュ

身長180cm、体重72kg

 

作品

KBS するダルスン 幸せの靴音

KBS 最後まで愛

KBS チャダレ夫人の愛

KBS 秘密の男

KBS 紳士とおさん

() 君、オイガリ/エデンの南

受賞 : K-芸能スタ奉仕賞大賞/アジア文化経済振興院「社奉仕大賞」受賞

キム·ヘヨン ディナショ、サックス演奏など多

 

COLIE SCALAR ホームぺージ : http://www.colie.co.kr/
COLIE SCALAR インスタグラム : https://www.instagram.com/coliescalar_japan/
COLIE SCALAR FACE BOOK : http://asq.kr/?i=zg5BOclt

저작권자 © 아시아문화경제신문 무단전재 및 재배포 금지