釜山鎮海経済自由区域は東北アジアの経済交差路として真ん中に位置し、外国人投資者のためのグローバルスタンダート基準を整え、最適な経営及び住居環境を提供する国際ビジネスの前進基地として最適な経済活動を保証する韓国最高の経済自由区域だ。

特に最近は日本の複合運営業界1位の「内外トランスライン」と国内物流企業の「ウンサン海運航空」の合併会社である「内外ウンサンロジスティック」が国際物流センター竣工式を行い、もう一度跳躍することを意味した。

これは、これから日中韓3か国間の物流ネットワークを構築し、付加価値創出型新規貨物を誘致し、国内外企業の生産支援及び物流費用節減をとして、東南経済発展に寄与するとみられる。

ジン・ヤンヒョン釜山鎮海経済自由区域庁長はこれを機会にグローバル物流企業を追加で誘致する計画だとし、今後グローバル先端企業を追加誘致しようと努力していると話した。

키워드

#N
저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포 금지