2月25日、平昌オリンピック閉会式の日に、ハンファーリゾート・フェニックス平昌で江原道主催の『韓中日経済文化交流会』が開催された。
昨日、友人の紹介で日本側主管団体である一般社団法人世界女性企業連盟の代表理事 松優莉さんをインタビューすることができた。

森:『世界女性企業連盟』ってすごく興味深いです。何をする団体なのか単刀直入にお聞きしていいですか?
松:名前だけがひとり歩きしているような感じで恐縮ですが、一言でいうと、“輝いている女性企業家をさらに輝かせ、起業する女性を世界各地で育成する事業”です。
『夢は大きく目標は高く』、これがわたしの生きる原動力です。(笑)


 森:素敵な夢ですね!ロゴも分かりやすく、世界観がはっきり見え、吸い込まれそうです。
松:ありがとうございます!
『ママであり・妻であり・社会人でもある女性たち、家庭から社会進出し、波風乗り越え、世界へ飛び立つ』連盟の趣旨を話したらデザイナーさんが見事に表現してくれました。
日本女性は平均教育レベルが高く、美的センスもコミュニケーション能力も優れていると海外では評価されています。特に30~40代の女性はビューティー関連を中心に、健康、サービス業など様々な分野で女のプライドをかけた高品質の商品を創出しています。

森:商品は、自分の顔ですものね。
松:女性CEOたちの商品は、アジアどの国に持っていっても絶大の人気を得てますし、勝手にインフルエンサーを連鎖しています。
にもかかわらず子供や旦那さんを優先しながら仕事を進めないとならないため、海外進出なんて手の届かない領域と、思い込んでいます。なので多くの女性CEOは、販路を小さなコミュニティー、友人の口コミ、SNSだけに頼っています。

森:確かにそうですね。
松:すごくもったいないです。そこで日本にいながら、安全安心な海外販路拡大を実現する方法はないかと、寝ても起きてもそればっかり考えました。

森:その道を探していたんですね?
松:はい、道なき道を開拓するってリスクだらけですが、意外と楽しんでいます。
そこでたどり着いたのがアジア地域で会員企業を集い、日本に誘致し、観光しながら楽しく・美しく・美味しくビジネスマッチングできたらいいなと思いました。
         
森:どのような方法で海外会員を集うか、差し支えない範囲で教えていただけますか?
松:先ず、大きく分けて3つです。
一つは、国内外で会員を拡散、東京に会員企業の商品を常時展示できる場所を確保する;
二つは、女性の起業を多言語で支援し、ビジネス仲間を各国で増やしていく;
三つは、『39mama』をブランディングし、アジア地域の女性たちが起業しやすいビジネスモデルを提供する。

森:ものすごく大きな計画のようですが、実現可能でしょうか?
松:長い道のりです。気が遠くなりますが日本だけ、韓国だけ、また中国だけでは実現不可能です。だからこそ日中韓女性CEOたち、そして女性活躍を応援する企業たちと手を組み、ウインウイン関係を築いていく必要があります。短期間では難しいでしょう。しかし国境を越え、協力しあえばやりがいのある事業だと確信しています。

森:スケールが大きすぎてピントこないですが、期待感はくすぐられますね。平昌イベントで日本は100年の歴史ある匠の商品や華やかな舞台を披露したと聞いていますが、皆さんは会員ですか?

松:はい、彼女たちは女性企業連盟の代表として参加し、厳しい条件の中でも立派に日本着物文化を発信したのでもちろん名誉会員です。現在、連盟は彼女たちの商品を全力で中国企業に売込みしています。

森:平昌まで行く勇気と行動力に、敬意を表します!
松:いえいえ、心の声に従っただけです。
途中で何度も止めようと思った瞬間ありましたが、なんとなく使命感を感じたので突き進むしかなかったです。(笑)

森:寒いし、遠いし、不安はなかったですか?
チャレンジする不安としない不安、二者一択を迫られると、必ず、する方に走ってしまう心のくせがあるので周りから理解されない場合も多いですよ。
今回は特に、2018・2020・2022、2年おきにアジア3大経済大国でオリンピックが開催される珍しい事、今後数十年は起こらないと言われたので平昌を見逃したら2度と日韓中という絵は描けないと思いました。
なのでわたしたちが平昌に行って始めて日韓中が成立し、円になりました。ものすごく『三和』にこだわりました。
2020年のイベントは今からしっかり準備して、苦労を共にした韓国と中国の仲間と必ず東京で再会できるようにしたいです。

森:日・中・韓は本当に切っても切れない関係ですよね。
松:そうですね、引っ越しもできないから、仲良くするしかないですよね。(笑)
女性が美しくなると世界が平和になる。なのでアジアの女性をもっと美しく、もっと豊かにすることで、アジア地域の振興と平和に、大いに貢献できると思います。

森:目が離せないですね~。
松:インタネットで地球がつながっているし、ママと妻だけで人生を終わらせたくないと覚醒した女性たちの力は計り知れないです。

森:100年人生をトータル計画、女性はたくましくなりましたね。
松:女性CEOのコミュニティーはたくさんあります。しかしわたしたち世界女性企業連盟が目指すのは、商品PRと苦労話て終わる交流会ではなく、必ず利益を生み出すソリューションを提供するプラットホームです。
できるだけ短期間に実現したいですが、そのためには大手企業や行政の協力も不可欠になりますが、壁は高いです。

森:連盟の成長が楽しみです。次回は、是非『39mama』に関して聞かせてください。先からずっと気になりましたがもう時間です。
松:応援よろしくお願いします。

森:“日本にも世界級の夢”をはぐくんでいる女性がいるんだなと思いながら、小柄な彼女の背中を見送った。また会いたい!

特約記者:森めぐみ sanwa48@gmail.com

키워드

#N
저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포 금지