サムスン電子、中国 西安 半導体 第2工場が新型コロナウイルスによる(COVID-19)困難な事態の中、稼動を開始した。業界によると、サムスン電子は3月10日 西安 第2工場で1期の投資商品の出荷式を行った。

西安 第2工場は、すでに量産準備を完了し、8月中に本格生産が開始される見通しだ。西安工場は、サムスン電子が海外の半導体メモリーの生産拠点では、唯一の3D垂直に設計されたV-NANDフラッシュメモリーを量産している。

サムスン(中国)半導体 副会長は、出荷式で2月の物流難、原材料供給難、人手不足などにもかかわらず、地方政府と企業の規制強化でコロナウイルスの影響を最小限に抑えたと発表した。

出処: bbs.icnkr.com

키워드

#N
저작권자 © 아시아씨이뉴스 무단전재 및 재배포 금지